昨日の体重は60・00kg・・・・・・・
「減ってくれえ〜〜〜・・・」という願いが天に通じたか?
別段、変わったことをしたわけでもないのに
前日よりはかなり体重が減っていた・・・・・なんでかな?
まッ  いいか・・・・・
昨日はトレーニングは休み・・・・・
右足太ももの裏側に違和感がある
この歳で5kmを全速力で走りきったのだから
無事に済むわけはないわな・・・・・・
さて・・・・今度の日曜までにどれだけ回復できるか・・・
//////////////////////////////////////////////////////////////
Nが死んだらやつの葬式に使う遺影にはやつがニカっと笑った写真を使いそのニカっと笑っている写真の歯の1本だけをマジックインキで塗りつぶし間抜けな顔にしてやろうと思っている。そういうことをNに話すとNは「お前にそんなことは絶対させない!」と、まるで売れない3流外人レスラーのように俺の鼻先に指を突きつけかなり本気になって怒る。俺は可笑しくて仕方ない。紙に(健康)という文字を書いてその紙をくしゃくしゃと丸めてポイするような人生を送ってきたくせにこの期に及んでまだ俺よりも長生きするつもりでいるらしいのだ。その根拠の無い自信はいったいどこから来るのだろう?不思議だ・・・・それでもそんなことはまかり間違っても有り得ないとは思うが神様の気まぐれで俺がやつよりも先に天に召されることがあるかも知れないが俺としたらそれこそ本望である。俺はできればやつより先に死にたい。そして俺の亡骸の横でやつに一晩中、CDをかけていてもらいたい。学生の頃、俺のアパートの俺の部屋で俺が寝ているとやつは俺のオーディオセットで一晩中かかって一人でしこしことカセットテープを作っていたものだ。あの頃は一曲一曲レコードに針を落とし、カセットテープに録音していた。やつや俺が追及していたのは何度聴いても飽きないテープである・・・・・・LP盤のB面の3曲目のような目立たない曲をいかにして活かしてみせるかというようなことも考えていた・・・・・この曲とこの曲の間にいれるとこの目立たない曲もこれだけ際立って見えるんだよね〜〜と言いながら悦に入る・・・それにはこの曲とこの曲の間は3秒離したい・・・・・なんてことを飽きもせずやっていた・・・・レコードの静電気防止スプレーは快適なアロマオイルの香りのように俺の眠気を誘ったものだ。あの頃のようにNには俺の枕元でCDを一晩中かけ続けてもらいたい・・・・アルバム一枚をかけるのではなく一曲一曲選曲しながら次はこれにしようか・・・この曲もこいつは好きだったなあ〜とか考えながらかけ続けポロポロ泣いてほしい。俺にしてみればこの絵はかなり嬉しい・・・・そして翌日、俺が灰になってからもNには「ちくしょう、あの曲かけるの忘れたやんけ!」と言いながらまた泣いてほしい・・・・俺にとっては俺の人生の締めくくりとしてはそんな場面が最高のエンディングである・・・・・でもまあそんなことは夢のまた夢なんだろうなあ〜〜
//////////////////////////////////////////////////////////////////
Nの体調がすぐれないという
長年の不摂生のつけがあちこちに出てきているのだろう・・・・
4月17日の土曜に、本当に福井まで来れるのだろうか?・・・・