全くもって俺という男は学習しないサルである・・・・・・

午前0時前に寝てしまうと夜中の変な時間帯に目が覚めるということは今までに何度も何度も経験しているハズなのに昨日の夜は11時前に寝入ってしまった

目が覚めたのは午前3時・・・・・

そこからもう眠れない・・・・・

小説を読みながら横になっていたが今はもう7時だ

今日は雨が降っているから次男と元嫁をそれぞれの会社までクルマで送ってやらなければならない

昼寝をたっぷりすることになるだろう・・・・・

これだけ年がら年中マラソン大会に出まくっていても一年のうちでこの大会だけはどうしても出たいと思う大会がいくつかある

そのうちの1つが毎年9月の第一週にある寛平ナイトランという大会だ

お客の少なくなった温泉街が町おこしの一環として吉本とタッグを組んで始めた大会である

俺的にはこの企画は大成功を収めていると思っている

午後4時スタートで制限時間は5時間後の午後9時だ・・・辺りはもう真っ暗である

その暗闇の中を走り抜けるとゴールには賑やかなお祭り広場が待っている

この大会の特徴の1つとしてゴールするランナーがほとんど笑顔だということがある

とにかくみんな嬉しいのだ・・・・暗闇の中を走り抜いて明るいゴールに飛び込むときのあの幸福感!

あの感動は走った者にしかわからない

だから毎年参加者が増え続けている・・・・俺は今年で4回目だ・・・皆勤賞である

32kのかなり厳しいコースを走ったあとは宿に戻って打ち上げが待っている

普段はさびれた温泉街だが当日の夜だけはどこの宿も満員御礼である

その寛平ナイトランのエントリー受付開始が日曜の夜12時からだった

俺は加賀温泉郷マラソン大会でヘロヘロになっていたが眠い目をこじ開けて12時までパソコンの前で踏ん張っていた

そしてなんとか自分とSの分をエントリー・・・・あとは倒れ込むように夢の中

ボッチも翌日にはエントリーしたみたいでやれやれである・・・・・

めっちゃ楽しみだ・・・・・

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨日、高校の同級生で整形外科の医者だったヤツの訃報が飛び込んできた

自分の病院にカーテンで仕切って診察室を3つ作って飛び跳ねるように患者をさばいていた元気なヤツだったのに・・・・

明日は我が身か・・・と、重い気分になる・・・・

とりあえず9月の寛平ナイトランまでは元気でいたいものだ・・・

何度も何度もリタイアしようと思った・・・・そんな厳しいレースだった

毎年一筋縄ではいかないのが加賀温泉郷マラソン大会だ・・・・

ここ2週間もトレーニングを休んでいたというボッチと一緒にスタートラインに並ぶ

ヤツは82kg、俺は61・5kgと共にお腹の辺りがだぶついている・・・

天気は曇りだったが気温はそこそこ高かったので俺は汗が止まらなかった

先行するボッチを追いかけてボチボチ走っていたら26k辺りでなんとか追いついた

声をかけようと思ったらあと1mで追いつくというところでまるで俺の姿が見えていたかのようにボッチは再び走り出してしまった

そこからまた500mほど追いかけてやっと声をかける・・・・

俺もかなりバテていたがヤツも疲労困憊の様子だ・・・ちょっとだけ俺が前に出る

ふくらはぎが痙攣を起こしていたけど騙しだまし走って居た俺はその次のエイドで座り込んでふくらはぎにバンテリンを塗り込んだ

そんな俺のことが視界に入らなかったのだろう・・・・

ボッチは俺を抜いてまた俺の前を走り出した

俺はバンテリンを塗ってもふくらはぎの痙攣が治らずボチボチ歩くしか無かった

35kぐらいの折り返しで300mほど先を行くボッチを発見・・・・

声をかけると「あれ?何でやっちゃん(俺の)後ろにいるの?」とヤツが言う

やっぱり座り込んでいた俺のことは見えていなかったのだ

ふくらはぎの痙攣がいつまでも治らないことに業を煮やした俺は次のエイドでは遂に塩をたっぷり口に含んでみた

ミネラル不足=塩不足だろう!!!!という訳だ

これがまた塩辛いのなんのって!・・・・・まあ、当たり前だわな・・・塩なんだから

ところがこの蛮行がふくらはぎの痙攣には劇的に効くことになる・・・

少しずつ走り始めたらなんとかふくらはぎも痙攣しなくなったのだ

そこからは前を走るランナーが白いTシャツだと、ボッチかな?と思うが近づいてみると違うということの繰り返し・・・・

それでも愚直に前を見て走って居たらナント!40kあたりで遂にボッチに追いついてしまった

こうなったらもう追い抜くしか無い・・・声をかけて併走である・・・・・

60過ぎの爺さんが二人、ヘロヘロになりながらゴール前の競り合いだ

ところがこのマラソン大会は最後の最後にきて長い長い坂が待っている意地悪なコースなのだ

ゴールがある陸上競技場のトラックまで一緒に走ったらフィジカルで劣る俺はボッチには絶対勝てない

だから俺としてはどうしてもこの坂でその差を広げておかなければならないのだ

「おい!爺さん!アンタ、なんでそんなに必死こいて走ってんだ?!」という周りのランナーの冷ややかな視線の中、俺はしゃにむに坂を登った・・・・・

昨日の夕方の体重は61・5kg・・・・・・

足はどこも痛くはない

とりあえず夜は禁酒した

午前5時・・・・さて・・・・行きますか・・・・・

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

めちゃくちゃしんどかった・・・・・・

何度もリタイアが脳裏を横切った・・・・・

結局最後まで走ったのはちっぽけなちっぽけな心の片隅の意地のせい?

猛母のつぶやきが蘇る・・・・・

「人間、意地や我が無うなったら終いや・・・・」

今日はこれから夜中の12時まで起きていなければならない

毎年参加人数が増えている9月の寛平ナイトランのエントリー開始が今夜の12時なのだ

俺はこの大会だけはどうしてもボッチとSと一緒に出たい

もうホテルも押さえてある・・・・・・寝てはならない・・・・

そー言えば、一昨日サウナ仲間のHさんと久しぶりにリライムで会った

昔はちょくちょく顔を合わすことがあったがここんところリライムに行く時間帯が違うのかほとんど遭うことはなかった

4年前にHさんに誘われて伊豆の断食道場へ行ったことがある

Hさんは5年ほど前に従業員100人ほどの会社をあっさり売って自由気ままな生活をしている

刑務所の塀の上をずっと歩いてきたような一歩間違えたら塀の向こう側に落ちてしまうかも知れない、そんな破天荒を地でいくような人生を送っている

一昨日遭った時も俺が

「アンタが動くと周りが迷惑するから大人しくしてたほうがいいよ」と言うと

ヘラヘラと笑っていた・・・・自分でも心当たりがあるのだろう

俺にこんなことを言われて

「お前にだけは言われたくない!」と言い返してこない数少ない人間のうちの一人だ

そのHさんは仕事を引退してからは不動産に興味を持ったらしく

今では東京に1件京都に3件の民泊を所有しているという・・・・

Hさんと関わり合いになった業者は大変だろうなあと俺は変なとこに思いを馳せた

一見乱暴者のように見える(実際もそうだが)Hさんはどういうわけか俺には優しい

俺が減らず口をたたいても一度も怒ったことはない・・・・

でもまあ一年中一緒に居るのはちょっと勘弁だな・・・・ナハハ

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

昨日の夕方も重い腰を上げてなんとかジムへは行った・・・

左膝がちょっと痛む・・・・

 

ここのところいい天気が続いていたが今日は朝から雨模様だ

その雨も昼過ぎからは上がって明後日の日曜は晴れるみたいである

昨日の夕方にジムに行き内転筋運動300回とステップ100段はなんとかしておいた

左ふくらはぎにちょっとだけ違和感があるが騙しだまし走るしかないだろう

まあ、5時間切り!とかの欲を出さなければなんとかなるんじゃなかろうか

真面目に一歩一歩前に進んでいればいつかはゴールにたどり着く

それがマラソンって競技だ・・・・・頑張んねや、俺・・・・・

昨日はお昼に2時間も昼寝をしてしまった・・・・・

ところが夜になってもまたまた眠くなり今朝は8時過ぎまで惰眠を貪る

なんだか身体がだるくてしょーがない・・・・

こんな体力で日曜のフルマラソンは大丈夫なんだろうか?

サンダル履きで富士山に登るような気分である・・・・・

今日は俺の誕生日だ・・・・なんと63回目!・・・・ビックリだな・・・

とりあえず天気はいいし、孫達はニコニコと保育園バスに乗っていったから

良しとしよう・・・・・・