スタートからボッチが飛び出し俺はゆっくりめに走り出し後半ボッチがスタミナ切れになるのをじっと待つというのがいつものレース展開だ
ところが昨日俺は全く逆の戦法をとった
俺はスタートからペースを上げ1k地点では口から心臓が飛び出そうになったがとにかくがむしゃらに走った
後は野となれ山となれ作戦だ・・・・
案の定11k地点辺りでボッチに追いつかれあっさり抜かれた・・・・
ボッチの背中がどんどん遠ざかっていくのを歯がみして眺めた・・・・
いつもならボッチは17kあたりでスタミナ切れを起こしてペースダウンしてしまうんだが昨日のボッチは絶好調だった
俺を抜いてからも軽やかに最後まで走り抜き1時間55分台でゴール
俺は1時間27分50秒台・・・・・俺だって決して悪くないタイムなのだ
昨日はボッチのコンデションが良すぎたってことだろう
Sは2時間10分を切って2時間9分台でゴール
かなり楽に走れたらしい・・・・・
当たり前だ・・・先週にフルを走って居るから身体が作られているのだ
Sは来年の5月までもうマラソン大会には出ないと言う
折角身体が出来てきたのにそんなに休んでしまっては筋肉が萎えてしまう・・・・残念だ
レースのあとは越しの湯で風呂に浸かりカルビ大将で焼き肉を食べてビールを飲んだ
至福の時であった・・・・・
ボッチの大きな笑い声が店中に響いていた・・・・